2008年3月15~16日 4年 パールブリッジ杯優勝!!


1日目 予選リーグ(総合運動公園球技場)

 第1試合 vs東舞子 0-1
 第2試合 vs神 出 1-1
 第3試合 vs北 淡 4-0

予選リーグを2位で突破し、1位トーナメントへ。

2日目 1位トーナメント(垂水健康公園)
 
 準々決勝 vs塩 屋 3-0
 準 決 勝 vs井吹台 1-0
 決  勝 vs東舞子 3-1

全員の力を結集し、見事優勝!

 3月15日と16日、神戸・淡路・四国のチームがタイトルを争うパールブリッジ杯に、神戸市トレセンの遠征試合に参加している田代・西脇・福岡・向野を除く4年生全員で参加してきました。
 初日は、朝からコーチも含めて心のどこかに油断する気持ちがあったようで、うまくゲームに入ることが出来ませんでした。1試合目、前半はなんとか0-0で終えたものの、後半にセットプレーから押し込まれた1点を返すことが出来ず0-1で敗戦。東舞子の選手達の気迫に太刀打ち出来ませんでした。2試合目は、EFをバラバラにした形で合同チームを組み、ムードを変えようとしましたが、これも大失敗。前半に見事なFKを決められてしまい、この1点を、後半に大谷のポストプレーから定成が決めて1-1にするのが精一杯の内容でした。3試合目は再び前半をF、後半をE中心にして、もう一度しっかり走ることから始めようという話をして臨みました。結果は、前後半ともに2点づつを奪い4-0で快勝。予選リーグをなんとか2位で突破し、2日目は1位トーナメントを戦うこととなりました。
 2日目は、昨日の反省もあって子供達のモチベーションも高かったようです。いい内容の試合を続け、準々決勝の塩屋戦を3-0。準決勝の井吹台戦にも1-0で勝利し決勝進出。決勝戦は、昨日の第1試合で悔し涙を流した東舞子との再戦となりました。昨日の悔しさをバネに、前半に田中が先制ゴールを決め1-0。後半にも定成と井本が決め、終了間際に1点を失ったものの3-1で勝利し、見事に優勝を飾ってくれました。
 結果については立派だと思いますし、頑張った子供達を誇りに思っている反面、大会に参加するにあたってのチームとしての気持ちの作り方の難しさを改めて学ぶこととなり、コーチ陣は反省しきりの2日間となりました。
 また、来週にはテストマッチも控えています。ともすれば、子供達も試合続きで気持ちが疲弊してるのかもしれませんので、試合前からモチベーションをしっかりと高め、1試合1試合に目標を持って臨めるようにしたいと思います。
 パールブリッジ杯に参加されたすべての団と大会関係者の皆さま、そして最後まで応援して下さった父兄の皆さんに感謝しています。ありがとうございました。

This entry was posted in 2007年度, 過去ブログ and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です