6/28 5D 2Bリーグ戦


岩岡小学校で、後期上位リーグへの進出をかけた前期リーグ戦の最終節が行われました。

マリノ 0-1 つつじが丘
マリノ 0-5 東舞子
TM
マリノ 2-1 岩岡(もっちー、そらた)

つつじが丘戦ですが、ルーズボールやセカンドボールへの相手の寄せが早く、前半は終始自陣でのゲームを強いられます。全体的に低いポジション取りになってしまい、相手に攻められ放題の展開になってしまい、豪快なミドルシュートを決められ先制を許します。素晴らしいシュートを打った相手選手を褒めるしかありませんが、なぜシュートを打たれたか、とハーフタイムに尋ねました。選手から返ってきた答えに間違いはありませんでしたが、頭で考えるのではなく、体が自然に反応出来るようになってもらいたいと思います。後半に入って、徐々にマリノらしさが出てきましたが、得点を奪うことが出来ず、痛い1敗となりました。

東舞子戦、選手たちの気持ちがONモードに切り替わりました。相手に怯むことなく、キックオフからマリノの時間が続きます。残念ながら、先制点は許しましたが、最少失点のまま折り返すこととなりました。後半に入って、さすがに疲れが出てきたのか、相手がゲームを支配する時間が長くなり、結果的には4点を追加され、最終戦を飾ることは出来ませんでした。

結果は別として残念だったことがあります。、試合中のプレイに悔し涙を流した選手やベンチに戻ってきたときに「疲れた」と第一声を発した選手がいる一方で、余力を残している選手もいたことです。ピッチに立った選手は、自覚を持ってベンチの選手の分も頑張ってもらいたいと思います。

TMの岩岡戦では、フレッシュな選手が躍動し、勝利を収めることが出来ました。

グラウンド提供していただきました岩岡FCアミーゴの関係者の皆さま、対戦していただきましたチームの皆さま、残念ながら白星をプレゼント出来ませんでしたが、応援していただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

This entry was posted in 5年ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.