2010年2月6~7日 「第11回三樹平田SCフレンドリーカップ2010」参加


1日目 2月6日(土)〈予選リーグ〉
 マリノ 2-0 加古川たんぽぽSC
 マリノ 0-0 ルゼルやわたSC
 マリノ 0-2 三樹平田SC・A
Bブロック2位通過でチャレンジマッチトーナメントへ

2日目 2月7日(日)〈チャレンジマッチトーナメント〉
 マリノ 0-2 小宅SC
 マリノ 2-0 パルセイロ稲美FC
チャレンジマッチAブロック2位でBブロック2位との交流戦へ
 マリノ 1-0 日生中央SC

●コーチコメント
三樹平田SCさんが主催する「第11回三樹平田SCフレンドリーカップ2010」に参加しました。
時折雪がちらつく中、広域から24チームが参加し、熱い戦いが繰り広げられました。

初日は、けがから復帰したりいちろうが活躍しました。
加古川たんぽぽSCとのゲームでは、右サイドのスペースにボールを運び、何度もチャンスを作った結果、みきとによる先制点が生まれます。
その後も押せ押せでマリノの時間が続きますが、追加点を奪うことなくハーフタイムに。
何人かの選手が交代して後半がスタートします。前半と同じようにマリノの時間帯が続いたところで、はるなによる待望の追加点が生まれました。
右からのグランダーのセンタリングにしっかりとインサイドでミートしたシュートは練習どおりに逆サイドのネットを突き刺し、このまま試合が終了して幸先の良いスタートが切れました。
その後の2試合は勝ちきれませんでしたが内容は悲観するものではなく、最終の三樹平田SCとのゲームも敗れはしたものの、明日のチャレンジマッチトーナメントでの強豪との対戦に期待を抱かせてくれる内容でした。

2日目は小学校のドッジボール大会と重なる不運に見舞われ、2年生5名の応援を受けての参加となりました。
朝一番の試合のせいか、寒さのせいか、少し元気がない3年生を尻目に、2年生ががんばってくれます。
ポジションに関係なく、純粋にボールを追い、ゴールを目指す姿に感動です。そんな2年生に触発され、ようやく3年生もエンジンがかかり始めましたが、残念ながら得点を奪うまでには至らず、敗れてしまいました。。
「ボールを持っていない選手が動いてプレーの選択肢を増やすこと」、「ゲーム中に互いに声を出し合うこと」を確認して臨んだ2試合目は、2年生のそういちろうのゴールなどで勝利を収め、グループ2位同士の交流戦に駒をすすめることとなりました。
最終の日生中央SCとのゲームは、優勢にゲームを進める中、後方からのフィードに、2年生のかずまが絡み、りゅういち奪った1点を守り切り、勝利で締めくくることができました。

結局、優勝は三樹平田Aさん、準優勝は小宅さんと、マリノが敗れたチームが上位を占めましたが、連日尻上がりに調子を上げてきただけに、最初からエンジンがかかっておれば、と悔やまれてなりませんでした。
先述しましたようにマリノの内容は悪くありませんでしたが、ボールのもらい方、ファーストコントロール、シュートの意識など課題も再認識できました。
コーチたちも大会本部で他チームの指導者と情報交換するなど、マリノ全体にとって収穫が多い大会参加となりました。

最後になりましたが、お招きいただきました三樹平田の関係者の皆さま、対戦していただきました各団の関係者の皆さま、ありがとうございました。
厳寒の中、熱い声援をお送りいただきました保護者の皆さまへお礼申し上げます。

This entry was posted in 2009年度, 過去ブログ and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です