2010年2月21日 3年生 第11回高須杯3年生サッカー大会


 マリノ 1-1 羽曳野SS
 マリノ 2-0 本庄FC
 マリノ 0-2 浜JFC
 マリノ 5-0 高須SC
 2勝1敗1分 勝ち点7で3位

●コーチコメント
高須SCさんが主催する「第11回高須杯3年生サッカー大会」に参加しました。
参加5チームによるリーグ戦により順位が決定されました。

初戦の羽曳野SSさんとの試合では、元気のいい試合の入り方(珍しく??)を見せてくれました。
出足のよさ、アグレッシブな動きなど、コーチたちもびっくりのサプライズです。
後半に同点とされましたが、閉会式での表彰をつい想像してしまいそうな第1試合でした。

続く2戦目以降は選手たちの希望もあり、一足早く新チームを主体としたメンバー構成で臨みました。
新チームの不安よりも新鮮さが効を奏したのか、危なげなく勝利を収めることができ、さらに期待が膨らんできました。

そして3戦目の浜JFCさんとの対戦を迎えました。
浜JFCさんは寄せが早く、運動量豊富な好チームでした。マリノがしたいサッカーをされてしまった結果、相手の攻撃に耐え切れず、PKを献上してしまいます。
その後の展開でもボール支配率で劣勢に回るなど、苦しみながら前半を終えます。メンバーを変えて後半に挑みますが、なかなかマリノは主導権を奪えません。
ボールを奪った時には、既に相手のプレスにあうなど厳しい展開の中、相手の攻撃に耐えてはいましたが、追加点を奪われ試合終了のホイッスルとなりました。
試合後のミーティングではコーチからの意見ではなく、選手たちの感想や印象を述べてもらい、本日最終の試合にむけて修正を行いました。

最後の試合は高須SCさんです。こちらも好チームですが、このチーム相手に浜JFCさんがしたようなサッカーができるかどうか、強い気持ちで戦えるかどうか、大いに期待して臨みました。
前半早々、りいちろうの積極的な左からのミドルシュートがチームを勢いづけ、前半で3点を奪います。
後半に入って、しばらく相手に押し込まれる嫌な展開が続きましたが何とかしのぎ、逆に追加点を奪ってからはマリノのペースでゲームを進め、勝利を収めることができましたが、ルーズボールへの対応、1対1の競り合いなど、劇的な変身ぶりにコーチ陣が戸惑うほどでした。
何よりも、自分たちでゲームの流れを引き寄せれたこと、そして一人ひとりが勝ちたい気持ちを十二分に感じさせてくれたことが収穫でした。
安定したセービングを続けたGKのそうやも含め、確かな成長を確認できた1日となりました。

閉会式では、攻守に渡りチームに貢献し続けた濱川なおさんが優秀選手に、1対1のマンマークでは絶対負けなかった片山こうせい君が敢闘賞を受賞しました。おめでとうございます!

この日は、来期の編成や指導方針などについて保護者説明会も併せて実施しました。
監督からの説明を熱心に聞き入る保護者の姿が印象的でした。保護者の皆さん、来年度もよろしくお願いします!!

最後になりましたが、お招きいただきました高須SCの関係者の皆さま、対戦していただきました各団の関係者の皆さま、ありがとうございました。
熱い声援をお送りいただきました保護者の皆さまへお礼申し上げます。

This entry was posted in 2009年度, 過去ブログ and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です