熱中症の手当て


猛暑の中での試合などでは、十分な注意が必要です。
異常が見られたら、すぐに適切な処置を行なわないと生命に関わる事になってしまいます。
熱中症についての正しい知識を持ち、速やかに処置が行なえるように備えましょう。

 

症状別手当て↓

1.意識がある場合

【症状】熱疲労
めまい、頭痛、発熱、大量の汗、冷たくべたついた皮膚、蒼白な顔、体温は平温またはやや低い、弱く早い脈
【処置】
1.自力で飲めるなら水分を取らせる。
2.風通しの良い日陰に移動
3.服を緩める
4.足を高くして仰向けで寝かせる。
5.冷水を含んだタオルで体を冷やす。
6.首、わきの下、足の付け根などをアイスパックで冷やす。
7.震えが出ないようにマッサージを行ないながら寒いというまで冷やす。
8.回復を待ち、回復したらその日は運動中止し安静に回復しない場合は医療機関へ

2.意識がもうろう

【症状】熱中症
見当識喪失、意識喪失、発汗停止、汗が止まっている熱く乾いた皮膚、赤みを帯びた顔、体温上昇、強く早い脈
【処置】
1.救急車を呼ぶ。救急車到着までに以下のケアを行う。
2.風通しの良い日陰に移動
3.服を緩める
4.上半身を少し起こして据わらせる。
5.冷水を含んだタオルで体を冷やす。
6.首、わきの下、足の付け根などをアイスパックで冷やす。
7.震えが出ないようにマッサージを行ないながら寒いというまで冷やす。
8.救急車が着たら、症状を隊員に伝える

3.意識がない

【症状】
呼吸停止
脈拍がない
【処置】
1.直ちに救急車をよぶ
2.気道確保
3.人工呼吸
4.心臓マッサージ+人工呼吸
This entry was posted in お知らせ, コーチ向け, 健康・ケガについて and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.