6A(2018.09.16-17)摩耶リーグ


堺です

6A(11名は)摩耶リーグに臨みました

16日結果

VS 神戸FC(B) 0-2 負け

VS 箕谷A 1-3 負け あつき(なおたろう)

2試合ともスコアでは完敗の感じですが、最近の試合の中では非常に素晴らしい内容のゲーム展開を選手は出来たと思います(笑)

1試合目はボール保持率も高く、相手サイドでボールを奪ってからの攻撃もただ蹴るだけではなく、相手に奪われないために数的優位でボールに絡んでいたと思います。

失点はいつものパターンで安易なパスミスからのカウンター、自陣のゴール近くでのミスでの失点・・・ミスした選手ではなくミスにしてしまった周りの選手の意識が変われば同じ失点は減っていくと思います。

2試合目も悪くはなったですが、不用意なハンドでPKを与えてしまったりで選手はストレスを感じながら試合を行うシーンが多かったですが最後まで頑張れたと思います。

選手には前日の練習で、翌日の試合で意識するこは『審判をリスペクトする』『自分を信じて、仲間を信じてプレーをする』 私は預言者か占い師になれるかと思いましたが(笑)審判の判定は変わらないのでリスペクトの気持ちを持って次のプレーに集中できるようにサポートして行きたいと思います。

2日目結果

VS 高倉台 3-3 引き分け あつき(いぶき) あつき いっせい(あつき)

TM

VS 多井畑 3-4 負け  やまこう(なおたろう) まはと あつき

1試合目は先制しましたが、相手のFWの個の技術をチームで防ぐことが出来ませんでした(涙) 本日はカウンターに対してのDFの立ち位置を話しましたが直ぐに理解できる選手が少なく、2試合とも守り方には課題は残りました。今後も選手が分かるまで繰り返して話して行きたいと思います(笑)

ただし、攻撃に関しては2日間通して選手は確実に成長をしていると感じました(笑) 『プレーは熱く』、『頭は冷静に』が出来る選手が増えてきており、ハードワークや相手とコンタクトしたプレーの中でも頭は冷静に次にするプレーの選択肢を持ちながらプレーが出来ていたと思います(笑)

選手全員が同じように成長はしていませんが、一人一人がチームのために、仲間を含めた自分に関わる人をリスペクトして、自分はチームのためにプレーが出来る事、仲間もチームのためにプレーしてくれる事を信じてやり続けて行けば、今は少し成長が遅れている選手も必ず成長すると思うので慌てずに今出来る事をしっかりと取組んで行けるようにサポートして行きたいです(笑)

1日目の試合の夜に、テレビの番組で海外の選手を指導しているコーチが選手に話しかける言葉を耳にしました。

『You Can Do It』 君ならできる!

私も、自分なりに使い方を工夫して大事にしたい言葉と思いました。

 

 

This entry was posted in 6年ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.